いつまでもガラスをキレイに保つコツ | グラスアートライフ(ギフトとインテリア)

glass art life

いつまでもガラスをキレイに保つコツ

1・ガラス専用クリーナーを使用する場合

ガラス専用クリーナーといってもいくつも種類がありますが泡状のクリーナーが使い勝手がいいようです。クリーナーを使用する前には、必ず埃を吹き飛ばして下さい。拭き取りは必ず柔らかい素材の布を使用し、クリーナーが乾いてしまう前に拭き取って下さい。乾いた綺麗な布で二度拭きするとさらに綺麗に拭き取れます。拭き残しがあると固着化して汚れとなりますのでご注意下さい。

Chamois

2・中性洗剤で洗浄する場合

グラスや食器、花瓶などは中性洗剤を使用して洗浄すると思いますがその際は必ずスポンジをよく泡立てて優しく洗浄して下さい。ウェルカムボードなどのガラス製品やミラーなども、中性洗剤を使用して洗浄すると汚れが綺麗に取れることがあります。ただし洗浄する際、力を入れすぎると傷や破損の原因になります。洗浄後のすすぎも水またはぬるま湯で十分に洗い流し、付着した水滴を綺麗な布で拭き取ってください。水滴を残したままでいると水垢の原因になります。

Cleaning

3・頑固な水垢、油膜のような汚れには

ガラスクリーナー、中性洗剤を使用しても落ちない汚れがあります。レモン水又は酢をスポンジに含ませ、食塩を付けて汚れた部分を磨きます。レモン水や酢などの酸は汚れを分解する働きがあると言われています。また、食塩は水垢を落とす効果があると言われています。スポンジでは届かないような場所には、柔らかめの歯ブラシを使って下さい。 磨くときには力を入れ過ぎないようにご注意下さい。ガラス自体に傷が入ったり破損する原因になります。

▼ グラスアートにご興味のある方には希少な情報を送らせていただきます。

お名前

メールアドレス

なにかメッセージがありましたらお願いします。